最新記事一覧

Vol.199 南相馬市の教育に関して

医療ガバナンス学会 (2011年6月24日 06:00)


■ 関連タグ

南相馬市立総合病院 外科
根本 剛
2011年6月24日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp


平成23年6月14日、青木紀男教育長と学校栄養士の鈴木美智子さんから話を聞く機会があり、以下の内容であった。
なお、南相馬市の小中学校の授業は原発から30km圏外の南相馬市鹿島区で行われており、生徒数の多い原町区(緊急時避難準備区域)、および相馬市に避難している小中学校生はスクールバス20台で鹿島区の学校に通っている。

●小中学校の給食について <6月11日より学校給食が開始>
1. これまでは、生徒が弁当箱を持参し、おにぎりと海苔、ウインナーなどの出来合いのおかずをもらい、これに牛乳という内容だった。
食中毒を予防するため、5月いっぱいでおにぎりを中止し、6月から主食はパンかご飯になった。
6月11日より給食室を使った震災前の給食が開始された。
2. 昼食の基準カロリー数は小学校 660kcal、中学校 850kcalである。
南相馬市の小中学校生では 4月の時点で、小学校 530kcal、中学校 600kcalとカロリーは少なく、 6月は小学校 750kcal、中学校 860kcalで基準を越えるようになった。
3. 昼食にかける費用は200円から280円となった。
4. 内部被曝を避けるため食品の生産地を一つ一つチェックし、記録している。
5. 夏休み明けに原町第一小学校、原町第二中学校(いずれも原町区で放射線量は少ない区域)の給食室の使用許可が県からおり、
8月末からは、十分な食事を鹿島区内に搬送できるようになる。
給食搬送に向けて、保健所と相談しながら、冷蔵庫の確保や、保冷の方法を検討している。

●福島県は、環境放射線モニタリング調査を6月1日から6月10日まで行った。
平均1μsv/hを越えた校庭については、表土交換を国の補助で行う予定である。

≪南相馬市で1μsv/h以上の校庭≫
(1)50cmの高さ(μsv/h) / (2)1mの高さ(μsv/h)

1)中学校
石神中学校 (1)- / (2)1.60
原町第一中学校(1)- / (2)1.10

2)小学校
石神第一小学校(1)1.31 / (2)1.30
石神第二小学校(1)1.70 / (2)1.70
原町第三小学校(1)1.10 / (2)0.88
太田小学校 (1)1.10 / (2)1.00

3)幼稚園
石神第一幼稚園(1)1.50 / (2)1.50
石神第二幼稚園(1)1.70 / (2)1.50

4)保育園
なかまち保育園(1)1.10 / (2)1.00

●学校生活について
1. 南相馬市の小中学生は約6,000人であるが避難先から少しずつ戻ってきており、その37%が南相馬市で暮らしている。
2. 南相馬市を離れて生活する小中学生本人と父母兄弟(約1800人)に心のケアチームが関わっている。
南相馬市内に生活する小中学校生とその保護者に対して国、県の援助を得て通常の約2倍の臨床心理士が心のケアを行っている。
市内、外の小中学生には、ともに学校開始時は分からなかったPTSDが、現在見られるようになってきた。
3. 南相馬市原町区、相馬市と鹿島区の登下校にスクールバスが使用されているが乗り降りには、行き帰りとも必ず教師が見守りを行っている。
相馬市から鹿島区に通学している生徒を乗せるスクールバス2台は当初、相馬駅前から出ていたが、相馬駅に停車するバスが増えてきたため、相馬駅裏の土地を確保し、そこから出発するようになった。
鹿島区へのスクールバスでの小中学生の搬送は、緊急時避難区域が解除されるまで行う予定。
4. 体育館の照明は勉強するのには暗かったので、蛍光灯を新たに設置した。
5. 教室にはエアコンを設置することが決まったが、体育館のエアコン設置に関してはこれからの課題となっている。
6. 南相馬市では小学校16校、中学校6校ある。現在、鹿島区の中で合同学級として授業を行っているが、今後学校ごと完全分離して独立した授業を行うようにしたいとのことであった。
7. 夏休みは7月23日から8月24日とした。

●今後の課題
1. 学校内で原子力発電と事故、放射線の勉強を進めていきたい。
2. 医療従事者から放射線と健康被害について医学的見地に基づいた広報を行って欲しい。

お知らせ

 配信をご希望の方はこちらにメールをお願いします。

 MRICでは配信するメールマガジンへの医療に関わる記事の投稿を歓迎しております。
 投稿をご検討の方は「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

関連タグ

月別アーカイブ

▲ページトップへ