アーカイブ一覧

» 2009 » 9月アーカイブ

臨時 vol 269 「民主党の医療ガバナンス」

医療ガバナンス学会 (2009年9月30日 08:54)


     東京大学医科学研究所
        先端医療社会コミュニケーションシステム社会連携研究部門
        上昌広
※今回の記事は村上龍氏が主宰する Japan Mail MediaJMMで配信した文面を加筆修正しました。
続きを読む: 臨時 vol 269 「民主党の医療ガバナンス」

臨時vol 268 「選定療養導入による時間外受診への影響について」

医療ガバナンス学会 (2009年9月29日 08:44)


-200床以上の国公立病院における検討-

江原朗
小児科医

続きを読む: 臨時vol 268 「選定療養導入による時間外受診への影響について」

臨時 vol 267 政権交代と輸血不活化技術

医療ガバナンス学会 (2009年9月28日 09:19)


東京大学医科学研究所
先端医療社会コミュニケーションシステム社会連携研究部門
客員研究員
成松宏人
続きを読む: 臨時 vol 267 政権交代と輸血不活化技術

臨時 vol 266 「リセット禁煙のすすめ(5)」

医療ガバナンス学会 (2009年9月27日 06:11)


      「夏-1」& タテ割り行政の谷間 妊婦の禁煙支援
                  トヨタ記念病院禁煙外来
                  リセット禁煙研究会代表
                  予防医学で医療崩壊を緩和する会発起人
                  磯村毅
続きを読む: 臨時 vol 266 「リセット禁煙のすすめ(5)」

臨時 vol 265 「医療従事者の、医療従事者による、国民のための新型インフルエンザ対策」

医療ガバナンス学会 (2009年9月26日 20:41)


森兼啓太
東北大学大学院医学系研究科 感染制御・検査診断学分野 講師
http://medg.jp
続きを読む: 臨時 vol 265 「医療従事者の、医療従事者による、国民のための新型インフルエンザ対策」

臨時 vol 264 「危険」らしい輸入ワクチン

医療ガバナンス学会 (2009年9月26日 09:03)


東京大学医学部医学科
4年
篠田 将
続きを読む: 臨時 vol 264 「危険」らしい輸入ワクチン

臨時 vol 263 「政府による新型インフルエンザ対策の見直しに関する提言」

医療ガバナンス学会 (2009年9月25日 18:04)


新型インフルエンザから国民を守る会
共同代表:森兼啓太(東北大学大学院感染制御・検査診断学分野)、森澤雄司(自治医科大学感染制御部部)
ワーキングチーム:
海野信也(北里大学産科婦人科・教授)、大磯義一郎(弁護士・医師)、小原まみ子(亀田総合病院腎臓高血圧内科・部長)、嘉山孝正(山形大学・医学部長)、上 昌広(東京大学医科学研究所・特任准教授)、木戸寛孝(医療志民の会・事務局長)、久住英二(ナビタスクリニック立川・院長)、児玉有子(東京大学医科学研究所・看護師・保健師)、小林一彦(JR東京総合病院血液内科・医長)、境田正樹(弁護士)、高畑紀一(細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会・事務局長)、田口空一郎(構想日本)、谷岡芳人(大村市民病院・院長)、谷本哲也(医薬品医療機器総合機構)、土屋了介(国立がんセンター中央病院・院長)、長尾和宏(長尾クリニック・院長)、堀成美(聖路加看護大学)
続きを読む: 臨時 vol 263 「政府による新型インフルエンザ対策の見直しに関する提言」

臨時 vol 262 「「新型インフルエンザワクチン」パブリックコメントへの疑問」

医療ガバナンス学会 (2009年9月25日 15:03)


細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会 事務局長 高畑紀一
続きを読む: 臨時 vol 262 「「新型インフルエンザワクチン」パブリックコメントへの疑問」

臨時 vol 261 「民主党には現実認識に立脚した医療政策を期待」

医療ガバナンス学会 (2009年9月25日 10:01)


     政治全般、医療を語る言語体系、医療の経営形態の視点から考える
                  虎の門病院泌尿器科 小松秀樹
初出 ソネットエムスリー http://www.m3.com/iryoIshin/article/107293/
続きを読む: 臨時 vol 261 「民主党には現実認識に立脚した医療政策を期待」

臨時 vol 260 「日本のライフサイエンス研究強化の起点に-最先端研究開発支援プログラムの見直しに期待-」

医療ガバナンス学会 (2009年9月25日 09:00)


-最先端研究開発支援プログラムの見直しに期待-
ベイラー研究所フォートワースキャンパス
ディレクター
松本慎一
続きを読む: 臨時 vol 260 「日本のライフサイエンス研究強化の起点に-最先端研究開発支援プログラムの見直しに期待-」

お知らせ

 配信をご希望の方はこちらにメールをお願いします。

 MRICでは配信するメールマガジンへの医療に関わる記事の投稿を歓迎しております。
 投稿をご検討の方は「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

関連タグ

月別アーカイブ

▲ページトップへ