アーカイブ一覧

» 2006 » 9月アーカイブ

vol 18 「糖尿病と神経変性疾患をつなぐ不思議な酵素の発見とその臨床応用」

医療ガバナンス学会 (2006年9月20日 16:27)


マサチューセッツ大学医学部 助教授 浦野文彦
E-mail: f「あっと」erstress.com
「あっと」を @ にしてください
Web: www.erstress.com

続きを読む: vol 18 「糖尿病と神経変性疾患をつなぐ不思議な酵素の発見とその臨床応用」

vol 18 「糖尿病と神経変性疾患をつなぐ不思議な酵素の発見とその臨床応用」

医療ガバナンス学会 (2006年9月20日 00:02)


2006年9月20日発行
マサチューセッツ大学医学部 助教授 浦野文彦
E-mail: f「あっと」erstress.com
「あっと」を @ にしてください
Web: www.erstress.com

続きを読む: vol 18 「糖尿病と神経変性疾患をつなぐ不思議な酵素の発見とその臨床応用」

臨時vol 28 「当事者として国会にがん患者の声届けたい」

医療ガバナンス学会 (2006年9月16日 14:34)


2006年9月16日発行
■□本会議で自ら「がん」患者であることを告白した山本孝史参議院議員□■
MRICインタビュー vol16
聞き手・ロハスメディア

http://www.lohasmedia.co.jp 川口恭

続きを読む: 臨時vol 28 「当事者として国会にがん患者の声届けたい」

臨時vol 27 「HCAP体験記 その1」

医療ガバナンス学会 (2006年9月15日 15:41)


2006年9月15日発行
□■HCAP体験記 その1■□
ハーバード大学数学・物理学科三年
北川 拓也

続きを読む: 臨時vol 27 「HCAP体験記 その1」

臨時vol 26 「患者さんの納得感を取り戻したい」

医療ガバナンス学会 (2006年9月8日 01:45)


2006年9月7日発行
小林一彦 臨床医ネット(患者とともに納得の医療をめざす臨床医の会)代表
MRICインタビュー vol 15
聞き手・ロハスメディア 川口恭

http://www.lohasmedia.co.jp

~ 患者さんの納得感を取り戻したい ~

続きを読む: 臨時vol 26 「患者さんの納得感を取り戻したい」

臨時vol 25 「分娩をやめた産科医は婦人科専従医になったか?」

医療ガバナンス学会 (2006年9月5日 01:38)


2006年9月5日発行
北海道大学大学院医学研究科
社会医学専攻
社会医療管理学講座
医療システム学分野
http://www.med.hokudai.ac.jp/~i_sys-w/
助手・医師 中 村  利 仁

続きを読む: 臨時vol 25 「分娩をやめた産科医は婦人科専従医になったか?」

臨時vol 24 高久通信 「食事に関する二、三の問題」

医療ガバナンス学会 (2006年9月1日 19:10)


2006年8月31日発行

続きを読む: 臨時vol 24 高久通信 「食事に関する二、三の問題」

お知らせ

 配信をご希望の方はこちらにメールをお願いします。

 MRICでは配信するメールマガジンへの医療に関わる記事の投稿を歓迎しております。
 投稿をご検討の方は「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

関連タグ

月別アーカイブ

▲ページトップへ