アーカイブ一覧

» 2008 » 10月アーカイブ

特別号 「現場からの医療改革推進協議会」第三回シンポジウム抄録セッション2 コメディカル問題

医療ガバナンス学会 (2008年10月31日 11:24)


    医療再生を目指して 患者と医療者の信頼関係再構築
11月8日(土)
2)コメディカル問題 11:10~13:00
福原 麻希(ジャーナリスト)
児玉 有子(看護師, 東大医科学研究所)
早坂 由美子 (ソーシャルワーカー, 北里大学病院患者支援センター部)
<総合討論>
黒岩 祐治(ジャーナリスト, フジテレビ)
嘉山 孝正(医師, 山形大学 医学部長)
誌上発表
安部 能成(作業療法士, 千葉県がんセンター)

 
続きを読む: 特別号 「現場からの医療改革推進協議会」第三回シンポジウム抄録セッション2 コメディカル問題

臨時 vol 155 「医療改革:経済学の知見を今活かすとき」

医療ガバナンス学会 (2008年10月31日 10:24)


                 東京大学経済学研究科
                 松井彰彦
続きを読む: 臨時 vol 155 「医療改革:経済学の知見を今活かすとき」

臨時 vol 154 「パリの在宅医療 ―在宅での化学療法の提供」

医療ガバナンス学会 (2008年10月30日 11:25)


        東京大学医科学研究所
先端医療社会コミュニケーションシステム社会連携研究部門
児玉有子

続きを読む: 臨時 vol 154 「パリの在宅医療 ―在宅での化学療法の提供」

臨時 vol 153 「医療に対する「当たり前」感を駆逐するために」

医療ガバナンス学会 (2008年10月29日 11:26)


                            橋本 岳(衆議院議員)
続きを読む: 臨時 vol 153 「医療に対する「当たり前」感を駆逐するために」

臨時 vol 152 「医療裁判で真実が明らかになるのか」

医療ガバナンス学会 (2008年10月28日 11:27)


       ―対立を超えて・信頼に基づいた医療を再構築するためにー
                          都立府中病院産婦人科部長
                           桑江
続きを読む: 臨時 vol 152 「医療裁判で真実が明らかになるのか」

臨時 viol 151 「安全学研究者から見た福島大野事件判決」

医療ガバナンス学会 (2008年10月27日 11:27)


                     東京大学大学院工学系研究科
古田一雄

続きを読む: 臨時 viol 151 「安全学研究者から見た福島大野事件判決」

臨時 vol 150 「第2回 臨床研修制度のあり方等に関する検討会傍聴記」

医療ガバナンス学会 (2008年10月24日 11:28)


       ~ 大臣こんどはマスコミと一戦ですか ~
ロハス・メディカル発行人 川口恭

続きを読む: 臨時 vol 150 「第2回 臨床研修制度のあり方等に関する検討会傍聴記」

臨時 vol 149 「在宅医療への移行は患者を救えるのか?」

医療ガバナンス学会 (2008年10月23日 11:30)


           医療環境情報研究所 大谷勇作
続きを読む: 臨時 vol 149 「在宅医療への移行は患者を救えるのか?」

臨時 vol 148 「日本版総合医は漢方を活用すべきである」

医療ガバナンス学会 (2008年10月22日 11:31)


         慶應義塾大学医学部 漢方医学センター長 渡辺賢治
続きを読む: 臨時 vol 148 「日本版総合医は漢方を活用すべきである」

vol 20 「医療/公衆衛生×メディア×コミュニケーション」

医療ガバナンス学会 (2008年10月21日 11:32)


    第14回 公衆衛生のプロフェッショナルとヘルスコミュニケーション
続きを読む: vol 20 「医療/公衆衛生×メディア×コミュニケーション」

お知らせ

 配信をご希望の方はこちらにメールをお願いします。

 MRICでは配信するメールマガジンへの医療に関わる記事の投稿を歓迎しております。
 投稿をご検討の方は「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

関連タグ

月別アーカイブ

▲ページトップへ