最新記事一覧

Vol.584 ロンドンオリンピック出場選手による相馬高校での陸上教室

医療ガバナンス学会 (2012年8月30日 06:00)


■ 関連タグ

相馬高校陸上部
鈴木 誉史
2012年8月30日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp


東日本大震災後、競輪の長塚智広選手が指揮を執り、陸上競技の細野史晃選手、寺田克也選手、菅野優太選手を主講師として、昨年6月から継続的に相馬高校陸上部を指導しにきてくださっています。

そのようななか、11月、12月とそして、開幕直前の6月23日に男子800mでロンドンオリンピックに出場した横田真人選手に特別講師として来ていただ きました。オリンピック直前の貴重な練習時間を割いてまで、私たちに指導していただき、本当にありがとうございました。横田選手から、「走るときのフォー ム」、「腕の振り方」、「肩胛骨の使い方」などを重点的に分かりやすく指導していただいたおかげで、選手一人一人がより良いフォームを身に付けることがで き、確実にレベルアップしているのを実感しています。

また、12月には、横田選手の他に男子400mと1600mリレーでロンドンオリンピックに出場した金丸祐三選手にも特別に来ていただき、すばらしい講師 陣に恵まれながら、指導を受けることができました。金丸選手からは、いくつかのドリルを教えていただき、身体の動きや可動域を広げる動作を学びました。実 はこの日は本当に特別の陸上教室の日で、今回で現役を引退した400mハードルの秋本真吾選手にも来ていただきました。秋本選手は、福島県双葉郡大熊町の 出身で双葉高校を卒業しています。相双地区といい、相馬と双葉は同じ地域に属しています、また、陸上部員にも大熊町出身がいるので、非常に親近感がありま した。現在は、福島第一原発事故のため秋本選手の地元は警戒区域内にあります。この12月の陸上教室は、超一流の講師陣から指導を受けることができ、数時 間の陸上教室でしたが、非常に充実した一日であったことを記憶しています。
6月23日の陸上教室の最後に、横田選手にオリンピックで最高の成績を残して欲しいと考え、私たちからのメッセージを書いた色紙を渡しました。

私たちは、試合の当日、テレビを見ながら応援をしました。横田選手は、予選4位で、もう少しで準決勝進出というところでした。アジア勢の選手は、中長距離 については不利である競技だと言われてきましたが、横田選手は、日本・アジアを代表して、見事にオリンピックに出場し、アジア勢でも世界と戦えることを証 明してくれました。また、金丸選手は、400mと1600mリレーに出場し、400mでは予選4位で、惜しくも予選落ちとなりましたが、世界を相手に臆す ることなく、最初から勝負をかけて走っているように感じました。その走っている姿勢はとてもすばらしく、非常に感動したのを今でも鮮明に覚えています。メ ダルは取れなかったものの、陸上トラック競技においても、日本人でも世界を相手に十分通用することができるという可能性をこのオリンピックでアピールしま したので、私たちに夢と希望を与えてくれました。横田選手、金丸選手には、次回のリオオリンピックにも出場していただき、決勝まで進出し、ロンドンオリン ピックでのリベンジを果たし、是非メダルを獲得して欲しいと思います。
オリンピックという大舞台に出場し、活躍したすばらしい選手達が相馬高校に来ていただき指導してくださったことを改めて誇りに思いました。

これまでの本校の陸上教室を通して、世界のトップアスリートの皆さんと間近で接することができ、私たち自身のモチベーションもより一層高めることができま した。それに、私たちは普通の高校生では経験することのできない事をさせていただいているので、私たち自身もこれまで以上に日々の練習に力を入れ、日本を 代表するトップアスリートの皆さんのようにすばらしい成績を残せるよう頑張っていきたいと思います。

今後、また機会がありましたら、現在取り組んでいるドリルや改善したフォームを見ていただきアドバイスをしていただきたいですし、また、新しい練習メ ニューを紹介していただき、試してみたいです。それと、練習時間に余裕がありましたら、またリレー対決をしていただきたいと願っています。次こそは、勝て るように頑張ります。

横田選手、金丸選手、ロンドンオリンピックお疲れ様でした。これからも、日々の練習を頑張ってください。ありがとうございました。

MRIC Global

お知らせ

 配信をご希望の方はこちらにメールをお願いします。

 MRICでは配信するメールマガジンへの医療に関わる記事の投稿を歓迎しております。
 投稿をご検討の方は「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

関連タグ

月別アーカイブ

▲ページトップへ