最新記事一覧

Vol.007 神戸国際フロンティアメディカルセンターの窮状について2(KIFMEC)

医療ガバナンス学会 (2016年1月8日 15:00)


■ 関連タグ

井上法律事務所
弁護士 山崎祥光

2016年1月8日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

以下、患者様からのご意見を掲載させていただきます。
尚、ご本人の了解を得て実名で掲載させていただきました。

●KIFMECに思うこと
川本能里子さん

この度キフメックが閉院するということを聞いてあまりのショックに言葉がありませんでした。
娘が胆道閉鎖症と診断され翌日に開腹手術、1年間入退院を繰り返し翌年に生体肝移植を受けました。
今では薬も飲まずに、結婚、出産と順調に過ごしています。
あの日あの時に田中先生にお会いできたことで娘の”今”があることに感謝のほかに何もありません。
そんな私たちの喜びをこれからの患者家族にも思って頂けると感じていた矢先の出来事。
なぜ?の思いと残念としか思えません。
どうか、この夢の病院をもう一度再開して頂き、一人でも多くの家族に幸せと思える”今”を感じて頂きたいと思っています。

●KIFMECの閉院に思う
滋賀県大津市  佐々木喜久子

今回のKIFMECの閉院のニュースを聞き大変残念に思っている一人です。
そして何よりも生体肝移植を望んでいる患者さんやその家族の方々がどんなにか落胆されているだろうと思うと心が痛みます。
脳死肝移植が進まない現状ではKIFMECの閉院は、胆道閉鎖症の子どもたちをはじめ移植でしか命をつないでいけない肝疾患の人々にとっては生きていく道を閉ざされたことにもなります。
患者のいのちを救いたいという一心で治療に取り組んでこられた田中紘一先生はじめ多くの医師の真摯な気持ちがどうして報われないのでしょうか。
困難な手術のため残念ながら死亡された方が何例あったと報道されますが、京大病院時代からを含めどれだけ多くの人の命が救われてきたことか、その数が報道されないことにも憤りを覚えます。
どうか心ある報道をしていただき、移植を必要としている人が希望を持てる日が再び一日も早く来ることを願います。

MRIC Global

お知らせ

 配信をご希望の方はこちらにメールをお願いします。

 MRICでは配信するメールマガジンへの医療に関わる記事の投稿を歓迎しております。
 投稿をご検討の方は「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

関連タグ

月別アーカイブ

▲ページトップへ