最新記事一覧

Vol.74 東日本巨大地震とtwitter ~阪神大震災を経験した学生の雑感~ その1

医療ガバナンス学会 (2011年3月19日 06:00)


■ 関連タグ

@minakawa

2011年3月19日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp


1 はじめに

私は現在、神戸で大学院に通っている24歳の男です。3月11日午後2時46分頃、私は京都にいました。緩やかに揺れて「地震かな」と疑問に思い携帯を開 くと宮城県沖震度6強の情報が。急いでtwitterを見て東京にいる友人たちの「怖かったー」「むちゃくちゃ揺れた」という呟きでタイムライン(呟きが 見れる表です)が埋まっていることに気付きました。そして彼らと暫くtwitter上で連絡を取っていました。
関東地方・東北地方への携帯メール・通話が麻痺していることを知り、同時にtwitterの可能性に気付きました。「これを使えば、何か僕も力になれるかも知れない」と。

私は16年前、阪神淡路大震災を経験しました。当時小学校低学年だった私は何が何だか分らないまま(家は全壊でした)家族に手を引かれ通っていた小学校 の体育館へ。そこで避難所生活を過ごしました。偶然海外に行っていた父のおかげで大阪の無事を知り、後に大阪へ避難しましたが、ネットも携帯も普及してい ない当時、私たちは避難所での団結で余震などの不安を乗り切っていきました。
そこで私は、被災地の外から、たとえ詳しい被災状況や専門的知識は呟けなくても「被災地でどういう心持ちでいるべきか、避難所でどう過ごせばよいか」は普遍なはずと仮説を立てtwitterで呟いていくことにしました。

執筆時点(3月13日22時)で、それまで220人だったフォロワー(私の呟きを見てくれる人)は448人にまで増えました。私の呟きが復興に即効性が あるとは全く思っていません。私の呟きより、専門的な知識をお持ちの方の呟きの方が何百倍も有益であることは紛れもない事実です。何より被災地はネットな どままならぬ状況であるはずですから、私の声が直接届くことは奇跡に近いことも分かっています。
ですが、私の呟きを見てくれる人のリツイート(簡単に言えば呟きの「伝言」です)の連鎖でもし被災地の方に呟きが届けば、そして避難の参考になって心を 落ち着ける一助になってくれればと思い、現在も呟き続けています。本当に有益な情報の中でほんの少しだけでも、自分なりの貢献ができれば。これが僕の切な る想いです。
Twitterは問題点も少なくないですが、ユーザーの心構え次第で間違いなく、有益なツールになる可能性を秘めていることをこの三日間で痛感しました。

まず自分の中で印象に残る呟き、またはリツイートが多かった呟きを、3月11日から12日の早朝まで、時間軸に沿って以下に記述することとします。
“その2”では周りの方の素晴らしい呟きなどを参考に、災害支援ツールとしてtwitterが有効活用されるために何が重要と考えられるか、一つの仮説を述べさせて頂きたいと思います。

なお、筆者の独断から他の方の呟きを筆者がリツイートした分、および特定の人宛への呟きそのものは掲載を控えさせて頂きます。あくまで筆者自身の、不特定の方への呟きのみを掲載致します。
繰り返しますがこの記事は自身の行動を賞賛するなどというような趣旨のものでは決してありませんし考えの押しつけでもありません。自分が完全に正しいと 思っていません。本当に賞賛されるべき方は他に沢山いらっしゃいますし、この緊急事態において、何が正しいかは私には断言できません。
また、前提としてtwitterをどう使うかは各人の自由であるという考えはずっと抱いています。私は、いわば被災地の外の素人代表として、そして過去の震災経験者として備忘録・反省を兼ね本稿を執筆させて頂いている次第です。

2 筆者の呟き
14時46分 地震発生。東京に友人が多かったため東京の人宛てに呟く
15:07
東京のみなさん、慌てないで!今いる場所が危ないと思ったら冷静に避難所(公園とか)に向かって下さい。慌てると疲労や判断力の低下を招きます。一度大きな深呼吸を。ホンマに無事を祈ります・・・
15:11
家にいる人はガスのチェックを、外にいる人は周辺の建物倒壊に注意して下さい!余震は続くと思いますが、本震を上回るものはほぼないです。冷静に!

15時30分頃 地震の震源地、大きさ等をNHKで知る。携帯でツイートを続ける。
16:07
夜の寒さがあるので喫煙者はライターを大事にして下さい!車のガソリンも夜切れると暖房使えなくなるので気をつけて!避難で辛いことの一つは夜の寒さです。
ほぼ同時期に、twitter上で鎌倉の友人が有楽町で立ち往生になっていることに気付く。
16:50
【RT頼む】鎌倉、江ノ島、湘南の状況をツイートできる方!僕の友人(アカウント割愛)宛につぶやいてあげて下さい!今マリオンの屋上で動けないそうです、お願いします!実家と親の店が鎌倉にあるんです!
16:58
今周りが壊滅的な状況の方、決して諦めないで。阪神高速の橋げたが倒れ道路機
能が麻痺した阪神大震災でも翌日に救援物資が一番被害が大きな地域の避難所に
来ました!絶対大丈夫、日本を信じて!深呼吸をして、頑張って!
17:13
家が崩れかけて避難した方、地震が止んだからといってすぐに戻らないように!ヘルメットなしで入ると上からの落下物にやられます。最低限の食料や水、防寒具を所持したらヘルメットなど防具が手に入るまで家に入らないように!
17:30
【切にRT願】若者の方、避難所や道で高齢者や独り身の方に話しかけてあげて!体育館で余震に怯えながらも周りの方とのおしゃべりで気がまぎらいました!(実体験)「大丈夫ですか?」だけでいいので声を出す機会をあげて下さい!自分の不安も話すことで和らぐ!
この頃イギリスBBCの記者からもtwitter上で取材依頼が来る(被災地の方に取材を求めていたので対応できず)
また上の17時半の呟きが数百人規模にリツイートされていることに気付きフォロワーが増えだす。自分が何を呟いていくか決意した瞬間。
17:37
【拡散願】避難所の方、どうか救援物資などの配給の際に慌てないように。若い方はどうか高齢者に譲る優しさを。避難所は一時的ではありますが大きな家族です、助け合いの心をどうか忘れず。無事を祈っています!
17:53
【切実拡散願】被災地外の方、ツイッターはデマなど流れやすいので、まず「至極当たり前なこと(精神論)」、「自ら確認したこと」を拡散しよう。二次災害は【不安や混沌による混乱】善意の拡散が不安を煽ることにもなります。
18:02
【夜の避難】夜の避難所は電気がなくおそろしく寒いですし暗く孤独です。どうかお互いに声の掛け合い&毛布など防寒具の譲り合いを!避難所のみんなは一時的ですが家族です!
18:29
【本気でRTお願い】情報を拡散する前に、「この情報を被災地の方の目の前でも自信を持って言えるか」を1秒でいいから考えて。みんなでメディアリテラシーを高く持とう!被災者の方は敏感で繊細になっています。
19:06
【切に応援】もし避難所でお菓子を持っている方がいたら、少しでもいいので子供や高齢者にあげて下さい。糖分は人を落ち着けます。避難所にいたら赤の他人とか関係なしです。助け合って、一緒に寒さを乗り切りましょう。明日になれば救援が必ず来ます。信じて!
この後、友人との安否確認などの連絡が続く。依然携帯通話・メールは利用不可。
21:27
【避難所の方】夜暗いし絶対に寒いしトイレも近くなると思います。避難所であれば簡易便所もあるかと思いますので無理はせず。また是非辛そうな人に声をかけて。快くない対応をされるかもですが、それは地震のせいです。どうか優しい気持ちで。みんなで寝れば怖くない。
22:43
【避難所の方】何度もTLに書き込みすみませぬ。夜に余震があった時、子供が泣くかもしれませんがどうか大声を出したり怒鳴ったりしないであげて下さい。暗闇の中の大声は避難所全員の不安を煽り立てます。落ち着いて。余震は必ずやみますし日は昇ります。
23:38
【避難所の方】今日は少しでも睡眠をとってください。余震の恐怖はあるでしょうが、明日になれば家に帰る・さらに避難などより体力が必要。頭の中で歌を唄う、横の人としりとりをするなど、気を紛らわせて眠りましょう。少しでも。日が昇れば今の恐怖は半減します。
この頃から母が言っていた「震災の避難における自助、共助、公助」を思い出す。また、NHKなどの情報を打ち込み呟く(デマを流さないようにするため)
23:54
【避難所の方】明日から救援が来ます。おそらく管理側から優先順位をつけられて配給されると思いますが、絶対に慌てないで。避難所で争い・怪我があっては元も子もありません。何度も言いますが避難所は今は家族です。一時的だとしても、絆を忘れないで。共助の精神。
0:15
地震を乗り切るには『自助→共助→公助』、避難できた方は今共助の段階です。明日には公助が必ず来ます。どうかこの夜を暖かく過ごして下さい!また周りの人を暖めてあげて下さい。どうかギブ&テイクができなくても、優しい気持ちで自らギブの気持ちを。
0:49
東北の方、この地震は日本全国で起こった訳ではなく。世界の終末ではありません。必ず助けが来る!どうか横にいる見知らぬ人に暖かく、少しでも体力回復に努めて下さい。余震が収まっても避難はまだ続きます。
1:18
【被災地の方】余震が怖いのは被災地にいる方皆さん同じです。どうか、周りの人にきつく当たらないで下さい。怒っても体力は回復できません。皆を笑顔にできるよう、自身が笑顔になりましょう。笑顔は伝染します。
2時頃は他のユーザーの有益な呟き(安否確認のアプリ情報、政府の動きなど)をリツイートする。
2:44
【被災地の方】何度も言います。余震は続くが、どうか少しでも睡眠をとって下さい。明日もまだ避難は続きます。交代制でもいいので睡眠を。家への帰還の適否、経路の確保など頭を使います。どうか睡眠・糖分を。
2:50
【早朝の避難】日が昇り明るくなると周囲が見えますが、だからと言って外が安全な訳ではありません。家に戻る、外の様子を見る等睡眠・栄養不足から不用意な行動をとらないよう注意して下さい。集中力、大事です。
3:57
【被災地の方】頑張れ!後2時間で日が昇る!ちゃんと「明日」が来る!油断してすぐ外出、自宅確認をせずに、まず状況を把握、情報整理。しっかり判断するために今日は寝よう!栄養補給も!
4時前後、長野県北部で震度6強の地震。己の無力感に打ちひしがれながらも、阪神大震災での被災した翌日の状況を必死に思い出し呟く。
5:10
【避難所の方】どうか、皆さん朝を笑顔で迎える努力を。周りで眠れなかったであろう人には「おはよう」と一言を。もし向こうが怒りをぶつけてきてもどうか抑えて。それは地震への怒りです。避難所は一つの家族です。共助の精神を持って下さい。
5:12
【被災地の方にお願い】怒りの感情を持っても疲労が増すだけですし、災害はなくなるわけでもない。それより「自分が今何をなすべきか」を考えて下さい。そのためには判断力、集中力が必要。だから糖分と睡眠を。避難は1日で終わるものではありません。
5:19
あと1時間で日の出です。暗闇が終わります。希望を持って下さい!そして周りの方にどうか優しい気持ちで接してあげて下さい。不安で話したいのに話相手が いない人もいるはずですし、眠れなかった人もいるはずです。どうか優しく声掛けをして話を聞いてあげて下さい。お互い不安が和らぐと思います。
5:59
物資が不足した時、どうか譲り合いの精神を。僕は震災時、避難所で近所のおばさんからもらったパイの実1個が今でも忘れられません。甘くて気持ちが落ち着きました。みなさんぎりぎりの状態であること痛感しますが、頑張って下さい。
6:49
【避難所の方】被災地でツイッターしている若者の皆様、テレビ等が見れない場合皆様は周りの人より情報量で優位な立場にあるとも言えます。どうか(1)周 りの不安を煽らない(2)ソースの信用できない情報を無闇に吹聴しない(3)有益な情報があればシェアの精神を お願いします。若者の底力、見せましょ う。
6:53
【精神論】どうか助けてもらったらその人の目を見て「ありがとう」の一言を。逆に助けることができる立場にいると思う人(若者、元気な人)は、人にありがとうと言ってもらえる喜びを感じて下さい!公助が来るまでは共助が不可欠です。頑張りましょう!!!

MRIC Global

お知らせ

 配信をご希望の方はこちらにメールをお願いします。

 MRICでは配信するメールマガジンへの医療に関わる記事の投稿を歓迎しております。
 投稿をご検討の方は「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

関連タグ

月別アーカイブ

▲ページトップへ