最新記事一覧

Vol.164 HOPE FOR THE BEST PREPARE FOR THE WORST

医療ガバナンス学会 (2011年5月10日 06:00)


■ 関連タグ

最高を望みながら、最悪に備える

ベイラー研究所
松本慎一
2011年5月10日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp


【テキサスでも日本の対応に戸惑い】

ボストンの細田満和子先生が、MRICに「日本の震災へのボストンからの思い」というタイトルで、海外の支援を断る日本に対してアメリカが戸惑っている ことや、日本人に「世界市民意識Global Citizenship」を持つ提言を発表されていました。私も、テキサスでアメリカ人が日本の対応に戸惑っていることを経験しており、細田先生の意見に 同感です。

【ベイラーの災害支援部門】

ベイラーには、災害時に被災地に救援物資や義援金を送るためにFaith in Action Initiativesという部門があります。Dr. Donald Swellがディレクターを務めていますが、彼の居室は、迅速にプロジェクトを進められるようにベイラー全体のトップであるMr. Joel Allisonやベイラー大学病院の病院長のMr. John McWhorterと同じフロアーにあります。震災当日、私は偶然東京にいたのですが、直後からDr. Swellから連絡があり、義援金と支援物資の供給プロジェクトがすでにはじまっていました。ただ、日本に支援物資の受け入れ態勢が整っておらず、特に医 療機器は輸入の規制があり、支援物資の供給は暗礁に乗り上げかかっていました。我々は幸い、上先生と上先生の教室の方々の助けがあり、やっと支援物資を送 ることが可能になったのですが、多くの海外からの支援物資は実際に送ることができず、断念されているのでしょう。
今回、実際に支援物資を被災地に届けるために、上教室からベイラーに留学されている滝田先生に日本に行ってもらいたいとベイラーに伝えると、Dr. Swellの部屋に呼ばれ、そのまま、病院長に直談判に行き、その場でOKがもらえました。ベイラーからの支援物資は相馬市など必要なところに届く手配が 整いました。

【危機管理の欠如】

支援を断る日本、原発の作業員を守るための自己血幹細胞移植(谷口プロジェクト)が進まない日本、原発事故の対応をみて、私自身確信したことがありま す。それは、日本の「危機管理の欠如」です。谷口プロジェクトでは菅直人首相が「作業者が被爆を受けないような基準を設けているので、自己血幹細胞の準備 は必要ない」と返答をし、一方で、原発の安全対策の研究に対し「原発は安全であり、そのような研究はかえって不安を引き起こす」という危機管理上あり得な いコメントが日本のリーダーから平気で聞かれます。
アメリカではよく、「Hope for the best, prepare for the worst (最高を望みながら、最悪に備える)」ということわざが引用されます。日本ではさながら、「最高を望み、最悪を起こさない」と未だに多くのトップが信じて いるのでしょう。「最悪に備える」というコンセプトを日本のリーダー達が持っていたら、谷口プロジェクトの重要性がすぐに理解できたでしょうし、原発の事 故が起きた直後に迅速に的確な対応が出来ていたでしょう。海外からの支援物資を受け入れる準備も日頃からできており、断るなんて矛盾したことが起こらな かったはずです。

【最高を望みながらも、最悪に備えよう】

私が研修医の頃は、医療にミスがあってはいけないと習っていました。その後、医療においては、「人間はミスを犯す」つまりHuman Errorのコンセプトが徐々に浸透し始めました。ただ、ミスを犯した時の対策が進んでいません。「谷口プロジェクトを支えよう」というタイトルの MRICの記事に、アメリカではFDAは新しい医療や最先端の臨床のプロジェクトを開始するときにNoとは言わないが、何かあればすぐさまプロジェクトを 止めることを書かせてもらいました。FDAは、プロジェクトを止めた際に、直ちに現場に人を送り、原因の究明を行い、再開の条件を決定したり、中止にした りという決断を行うのです。日本には、このようなシステムはありません。つまり、日本の危機管理の欠如は、災害時の被害拡大のみならず、新しい医療や最先 端医療の遅延の原因にもなっているのです。

アメリカでは、自国での災害のみならず、他国での災害にも直ちに、災害時の対策が開始されることを目のあたりにしました。細田満和子先生の言われる、 Global Citizenshipを私も感じました。日本にもGlobal Citizenshipという考えがあればよいのでしょうが、その前に世界の危機管理の常識であるHope for the best, prepare for the worstを学ぶ必要があります。

MRIC Global

お知らせ

 配信をご希望の方はこちらにメールをお願いします。

 MRICでは配信するメールマガジンへの医療に関わる記事の投稿を歓迎しております。
 投稿をご検討の方は「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

関連タグ

月別アーカイブ

▲ページトップへ