最新記事一覧

Vol.471 内部被曝通信 福島・浜通りから~福島原発から23キロで働いています

医療ガバナンス学会 (2012年4月28日 06:00)


■ 関連タグ

この原稿は朝日新聞の医療サイト「アピタル」より転載です。
www.asahi.com/apital/

南相馬市立総合病院
非常勤内科医  坪倉 正治
2012年4月28日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp


こんにちは。南相馬市立総合病院で非常勤内科医をしております、坪倉と申します。

亀田総合病院で研修医を行った後、千葉と東京で血液内科医として働いておりました。被災地支援で去年の4月に浜通りに入ったのが最初で、外来診療を始めた のが去年の5月でしたが、7月にホールボディーカウンターが導入されたのがきっかけで、そちらのお手伝いもさせていただいております。

ホールボディーカウンターが導入されてから、まだ1年は経っておりませんが、この検査は実際の放射能量だけではなく、今後の生活の指針など様々なことを教えてくれました。その一方でわからないこと、内部被ばく検査自体の限界も明らかになってきました。

今までの検査の結果は、南相馬市のウェブサイトや、拙文を参考にしていただければと思います。

写真が、今現在市立病院で稼働しているキャンベラ社製、Fast Scanです。一日あたり110人のペースで検査が進んでいます。今日も多くの方が来院され、通常の外来の方々と重なり、一階は人でごった返していました。

出来る限り、今現場で何が問題となっているかをご紹介できればと思います。どうぞお手柔らかに、おつきあいください。

*文中の写真はこちらのサイトよりご覧ください。
↓↓

https://aspara.asahi.com/blog/hamadori/entry/glRg2cBUf4

お知らせ

 配信をご希望の方はこちらにメールをお願いします。

 MRICでは配信するメールマガジンへの医療に関わる記事の投稿を歓迎しております。
 投稿をご検討の方は「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

関連タグ

月別アーカイブ

▲ページトップへ