最新記事一覧

臨時 vol 271 「インフルバブル」

医療ガバナンス学会 (2009年10月2日 06:41)


■ 関連タグ

木村 知(きむら とも)
有限会社T&Jメディカル・ソリューションズ代表取締役
AFP(日本FP協会認定)
医学博士
「症例」
39歳、女性。小学校教諭。
主訴:発熱、悪寒、関節痛、腰痛。
深夜より主訴出現。市販の解熱剤を服用するも38度5分の発熱が改善しないた
め、午前中受診した。来院時、咳嗽なし、鼻汁あり、咽頭痛なし。消化器症状な
し。診察所見上、意識、呼吸状態、胸腹部打聴診、咽頭所見ともに異常なし。既
往歴として、ハウスダストアレルギー、ブタクサアレルギー、小児期に気管支喘
息あり(小学校卒業以来発作なし)。勤務している小学校で、「新型インフルエ
ンザ」感染によるものと思われる欠席児童の増加により3クラス学級閉鎖になっ
ている、との情報あり。インフルエンザ簡易迅速検査を行ったところ、A型、B型
いずれも陰性。
 さて、あなたがこのような患者さんに遭遇した場合、抗インフルエンザ薬であ
る「タミフル」もしくは「リレンザ」を処方するだろうか?
 日本感染症学会は9月15日、「一般医療機関における新型インフルエンザへ
の対応について」(第2版)のなかで、新型インフルエンザ感染者の重症化を避
けるため、感染者に早期の抗インフルエンザ薬を使用するよう緊急提言として呼
びかけた。そして、日本では、諸外国に比べ、早期受診が進んでいることと抗イ
ンフルエンザ薬による早期の治療開始が被害を少なくしている、と述べたうえで、
インフルエンザ迅速検査キットの陽性率を「各地からの報告」として50~60
%と指摘し、検査陰性であっても、症状からインフルエンザ感染を疑う場合は、
積極的に抗インフルエンザ薬を早期投与するよう勧奨した。
 しかし、本当にこのような方針でよいのだろうか?
 私は、プライマリケアに携わるものとしてこの提言を読んだ時、とても不安に
なった。
 もちろん検査キットの感度は100%ではない。しかし、陽性率50~60%
というこの数字は、新型インフルエンザ感染者の全数把握が行われていない現在
において、精緻に算出された「エビデンス」のある数字と考えて差し支えないの
だろうか?またCDCの報告として、40~70%の陽性率との数字も取り上げて
はいるが、これらの数字を根拠に、陰性でも抗インフルエンザ薬の処方をせよ、
というのは、かなり乱暴な提言ではないだろうか。
 むしろ、現場で「新型インフルエンザ」の患者さんを毎日「実際に」診療して
いる立場のわれわれから言わせると、インフルエンザ様症状を呈しており、患者
さん周囲の状況からインフルエンザ感染が強く疑われる患者さんの中で、複数回
の迅速検査が陰性となり、頭を悩ますケースなど、あまり経験しない。
 こちらも「エビデンス」のない数字で言わせていただくとするなら、おそらく
100人中5人もいない、という印象だ。半分近くが陰性に出るというのは、検
査のタイミングや手技的な問題が含まれているのではなかろうか。
 これらの検証と数字の根拠を示さずに、「各地からの報告では50~60%の
陽性率にとどまるようであり」と曖昧な表現で具体的な数字を、影響力のある提
言の中に明示するのは、日本感染症学会ともあろう権威ある学会の公式提言の中
にあって、いささかお粗末ではなかろうか。
 さて、「症例」に話を戻そう。
 多少脚色し、実際とは異なるが、このような患者さんを先日経験した。
 実は、この患者さんは当初、他のクリニックに初診されている。そこに上記の
ような経過で受診し、実際「タミフル」を5日分処方されたとのことだ。もちろ
ん本人も承諾の上で、内服することになったのだと思うが、4日服用してもいっ
こうに解熱しない。そこで、こちらに受診した、という経緯だ。
 「後医は名医」ということわざ(?)もあるようだが、この女性はもちろんイ
ンフルエンザではない。受診当日の理学所見、尿検査等から「急性腎盂腎炎」と
すぐ診断がつき、現在は事なきを得ている。(鼻汁はおそらくアレルギーによる
ものだろう)
 インフルエンザに限らず、疾患を診断する際に重要なのは、当然のことながら
問診だ。それで、ある程度は見当がつく。しかし、そこでさらに重要なのは、そ
の先入観、「インフルエンザ」と診断してしまいたい衝動を、一旦冷静にこらえ
て、他の発熱性疾患を除外する努力をしなければならないことだ。
 「100%インフルエンザだな」と思っても、自分の診断に常に疑いをもつ姿
勢が重要なのだ。
 検査結果を過信してもいけないし、無視することも危険である。
 「陰性」にはそれなりの理由があることも多いのだ。インフルエンザ様症状と
思っても、検査結果が「陰性」で、胸部レントゲンや血液検査などを行うことに
より細菌性肺炎と診断されることも珍しくない。
 一方小児の場合など、インフルエンザ陽性で、タミフルを投与したにもかかわ
らずいっこうに解熱しないため、咽頭の細菌検査をしたところ、溶連菌感染によ
る咽頭炎と合併していたと判明することも、けっこうある。
 プライマリケアを行う上で、一番大切なのは、「先入観を持たない、診断を先
走らない」ということだと思っている。患者さんの主訴、症状を聴取していくな
かで、いくつかの「病名」が頭をよぎるわけだが、診察所見、場合によっては補
助的な検査所見を組み合わせて考えていくことで、その「病名」が絞り込まれて
ゆく。そしてこの「経験知」とも言うべき脳内の診断アルゴリズムは、個々の臨
床医の経験によって大きく異なるのだ。
 したがって、今回の上意下達の提言や通達は、個々の臨床医の「暗黙知」「経
験知」を無視したものと言え、臨床現場からすれば、大変迷惑だと言わざるを得
ない。
 インフルエンザ診療に精通している医師ならば、このような提言や通達が発せ
られても、ある程度無視するなどして対応できるとは思うが、今後、感染者数が
増大してくると、対応する医師が必ずしもイ
MRIC Global

お知らせ

 配信をご希望の方はこちらにメールをお願いします。

 MRICでは配信するメールマガジンへの医療に関わる記事の投稿を歓迎しております。
 投稿をご検討の方は「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

関連タグ

月別アーカイブ

▲ページトップへ