アーカイブ一覧

» 2010 » 2月アーカイブ

vol 66 民有国営の日本医療に未来はあるか

医療ガバナンス学会 (2010年2月23日 12:00)


転移がん患者・混合診療裁判原告

清郷 伸人

2010年2月23日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: vol 66 民有国営の日本医療に未来はあるか

vol 65 誰が読む? 気が遠くなるほど詳細な領収書

医療ガバナンス学会 (2010年2月23日 08:00)


武蔵浦和メディカルセンター
ただともひろ胃腸科肛門科
多田智裕
2010年2月23日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

このコラムは世界を知り、日本を知るグローバルメディア日本ビジネスプレス(JBpress)に掲載されたものを転載したものです他の多くの記事が詰まったサイトもぜひご覧ください
URLはこちら → http://jbpress.ismedia.jp/

続きを読む: vol 65 誰が読む? 気が遠くなるほど詳細な領収書

vol 63 朝三暮四

医療ガバナンス学会 (2010年2月22日 11:00)


NPO法人みんなの歯科ネットワーク
歯科医師
佐藤和義
2010年2月22日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: vol 63 朝三暮四

vol 64 新型インフルエンザワクチンの副作用対策: 米国のゲノム研究

医療ガバナンス学会 (2010年2月22日 07:00)


マサチューセッツ大学医学部、研究員、医学博士
林 恵美子
2010年2月22日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: vol 64 新型インフルエンザワクチンの副作用対策: 米国のゲノム研究

vol 61 優先順位は要らない。地域医師会に丸投げで良い

医療ガバナンス学会 (2010年2月21日 11:00)


長尾クリニック(尼崎市)
長尾和宏

2010年2月21日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: vol 61 優先順位は要らない。地域医師会に丸投げで良い

vol 62 社会的弱者と妊婦たらい回し うつ病患者の立場から

医療ガバナンス学会 (2010年2月21日 07:00)


患者 佐藤 理恵子
2010年2月21日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: vol 62 社会的弱者と妊婦たらい回し うつ病患者の立場から

vol 60 要望書 肺動脈性肺高血圧症治療薬『フローラン』に関する通達文の徹底と包括医療からの除外のお願い

医療ガバナンス学会 (2010年2月20日 19:50)


特定非営利活動法人PAHの会
代表 村上紀子
*2月19日に要望書を提出しました。
2010年2月20日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: vol 60 要望書 肺動脈性肺高血圧症治療薬『フローラン』に関する通達文の徹底と包括医療からの除外のお願い

vol 59 岐路に立つ薬事行政: PMDAは改革されるか?

医療ガバナンス学会 (2010年2月20日 08:00)


東京大学医科学研究所
先端医療社会コミュニケーションシステム 社会連携研究部門
上 昌広
※今回の記事は村上龍氏が主宰する Japan Mail Media(JMM)で配信した文面を加筆修正しました。
2010年2月20日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: vol 59 岐路に立つ薬事行政: PMDAは改革されるか?

vol 58 朝日新聞「医を創る」に報道された医療トラブルに対する感想

医療ガバナンス学会 (2010年2月19日 11:00)


済生会宇都宮病院
中澤堅次
2010年2月19日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: vol 58 朝日新聞「医を創る」に報道された医療トラブルに対する感想

vol 57 政府による新型インフルエンザ対策の見直しに関する提言

医療ガバナンス学会 (2010年2月19日 07:30)


*本稿は昨年9月に配信したものの再配信です。

新型インフルエンザから国民を守る会
共同代表:森兼啓太(山形大学医学部附属病院検査部・感染制御部)、森澤雄司(自治医科大学感染制御部部)

ワーキングチーム:
海野信也(北里大学産科婦人科・教授)、大磯義一郎(弁護士・医師)、小原まみ子(亀田総合病院腎臓高血圧内科・部長)、嘉山孝正(山形大学・医学部長)、上 昌広(東京大学医科学研究所・特任准教授)、木戸寛孝(医療志民の会・事務局長)、久住英二(ナビタスクリニック立川・院長)、児玉有子(東京大学医科学研究所・看護師・保健師)、小林一彦(JR東京総合病院血液内科・医長)、境田正樹(弁護士)、高畑紀一(細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会・事務局長)、田口空一郎(構想日本)、谷岡芳人(大村市民病院・院長)、谷本哲也(医薬品医療機器総合機構)、土屋了介(国立がんセンター中央病院・院長)、長尾和宏(長尾クリニック・院長)、堀成美(聖路加看護大学)

2010年2月19日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: vol 57 政府による新型インフルエンザ対策の見直しに関する提言

お知らせ

 配信をご希望の方はこちらにメールをお願いします。

 MRICでは配信するメールマガジンへの医療に関わる記事の投稿を歓迎しております。
 投稿をご検討の方は「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

関連タグ

月別アーカイブ

▲ページトップへ