アーカイブ一覧

» 原発事故アーカイブ

Vol.285 福島の子どもたちへ 「自信をもって生きていきなさい」

医療ガバナンス学会 (2016年12月27日 06:00)


任意団体ベテランママの会代表
番場さち子

2016年12月27日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.285 福島の子どもたちへ 「自信をもって生きていきなさい」

Vol.274 福島から横浜に自主避難していた中学1年男子がいじめられたことの報道について思う

医療ガバナンス学会 (2016年12月13日 06:00)


この記事はハフィントンポスト日本版より転載です

http://www.huffingtonpost.jp/arinobu-hori/fukushima-bullying_b_13115450.html

精神科医 堀 有伸

2016年12月13日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.274 福島から横浜に自主避難していた中学1年男子がいじめられたことの報道について思う

Vol.086 福島の子どものメンタルヘルスに思う、日本における自主的な思考の重要性

医療ガバナンス学会 (2016年4月8日 06:00)


精神科医、ほりメンタルクリニック
堀 有伸

2016年4月8日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.086 福島の子どものメンタルヘルスに思う、日本における自主的な思考の重要性

Vol.54 福島県で起きた原子力発電所事故の責任を問うことと、現地での放射線被ばくによる直接的な健康被害が軽微なものであると考えることは矛盾しない(2)

医療ガバナンス学会 (2016年2月29日 15:00)


この記事はハフィントンポスト日本版よりの転載です。

http://www.huffingtonpost.jp/arinobu-hori/nuclear-plant_b_8879872.html

精神科医
堀 有伸

2016年2月29日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.54 福島県で起きた原子力発電所事故の責任を問うことと、現地での放射線被ばくによる直接的な健康被害が軽微なものであると考えることは矛盾しない(2)

Vol.053 福島県で起きた原子力発電所事故の責任を問うことと、現地での放射線被ばくによる直接的な健康被害が軽微なものであると考えることは矛盾しない(1)

医療ガバナンス学会 (2016年2月29日 06:00)


この記事はハフィントンポスト日本版よりの転載です。

http://www.huffingtonpost.jp/arinobu-hori/nuclear-plant_b_8879872.html

精神科医
堀 有伸

2016年2月29日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.053 福島県で起きた原子力発電所事故の責任を問うことと、現地での放射線被ばくによる直接的な健康被害が軽微なものであると考えることは矛盾しない(1)

Vol.119 国土の喪失の否認について

医療ガバナンス学会 (2015年6月17日 06:00)


精神科医
堀 有伸

2015年6月17日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.119 国土の喪失の否認について

お知らせ

 配信をご希望の方はこちらにメールをお願いします。

 MRICでは配信するメールマガジンへの医療に関わる記事の投稿を歓迎しております。
 投稿をご検討の方は「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

関連タグ

月別アーカイブ

▲ページトップへ