アーカイブ一覧

» 2009 » 3月アーカイブ

臨時 vol 57  「人」の力で未知の薬害を制せよ! (下)

医療ガバナンス学会 (2009年3月17日 14:16)


――薬害肝炎後の医薬品行政 何が変わったのか? 変えていくのか?

帝京大学医学部附属病院腫瘍内科
帝京大学医療情報システム研究センター
堀 明子

続きを読む: 臨時 vol 57  「人」の力で未知の薬害を制せよ! (下)

臨時 vol 56  「人」の力で未知の薬害を制せよ! (上)

医療ガバナンス学会 (2009年3月16日 14:16)


――薬害肝炎後の医薬品行政 何が変わったのか? 変えていくのか?

帝京大学医学部附属病院腫瘍内科
帝京大学医療情報システム研究センター
堀 明子

続きを読む: 臨時 vol 56  「人」の力で未知の薬害を制せよ! (上)

臨時 vol 55 「橋本議員緊急投稿「異状死議連に関する誤解を解く」」

医療ガバナンス学会 (2009年3月15日 14:17)


衆議院議員 橋本岳

続きを読む: 臨時 vol 55 「橋本議員緊急投稿「異状死議連に関する誤解を解く」」

臨時 vol 53 「医療の危機(中):医療費の過剰な抑制」

医療ガバナンス学会 (2009年3月14日 14:19)


多くの自治体病院が崩壊
現実の認識に基づく政策を

虎の門病院 泌尿器科 小松秀樹
※日刊工業新聞 2月11日掲載

 

続きを読む: 臨時 vol 53 「医療の危機(中):医療費の過剰な抑制」

臨時 vol 54 「医療の危機(下) 社会システム間の齟齬」

医療ガバナンス学会 (2009年3月14日 14:18)


問われる統治機構との接点
「無理な規範」医学発展の阻害も

虎の門病院 泌尿器科 小松秀樹
※日刊工業新聞 2月18日掲載

続きを読む: 臨時 vol 54 「医療の危機(下) 社会システム間の齟齬」

臨時 vol 51 「医学教育、臨床研修制度の現場から」

医療ガバナンス学会 (2009年3月13日 14:21)


横浜市大学附属病院神経内科
鈴木ゆめ

 

続きを読む: 臨時 vol 51 「医学教育、臨床研修制度の現場から」

臨時 vol 52 「医療の危機(上):心の問題」

医療ガバナンス学会 (2009年3月13日 14:20)


訴訟と激務で産科医不足
社会思想含め見直しが必要

虎の門病院 泌尿器科 小松秀樹
※日刊工業新聞 2月4日掲載

続きを読む: 臨時 vol 52 「医療の危機(上):心の問題」

臨時 vol 50 「一開業医から勤務医の先生方へ」

医療ガバナンス学会 (2009年3月12日 14:21)


おその整形外科・院長、東京保険医協会・広報理事
於曽能正博

続きを読む: 臨時 vol 50 「一開業医から勤務医の先生方へ」

臨時 vol 49 「日本の社会制度の問題点と医療」

医療ガバナンス学会 (2009年3月12日 10:22)


山形大学医学部長
医科学系大学院脳神経外科教授
嘉山 孝正

続きを読む: 臨時 vol 49 「日本の社会制度の問題点と医療」

臨時 vol 47 「「安心して生き続けたい!」CMLに特定疾患指定を」

医療ガバナンス学会 (2009年3月11日 14:25)


野村英昭(血液疾患患者の会フェニックスクラブ・事務局)

続きを読む: 臨時 vol 47 「「安心して生き続けたい!」CMLに特定疾患指定を」
MRIC Global

お知らせ

 配信をご希望の方はこちらにメールをお願いします。

 MRICでは配信するメールマガジンへの医療に関わる記事の投稿を歓迎しております。
 投稿をご検討の方は「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

関連タグ

月別アーカイブ

▲ページトップへ