アーカイブ一覧

» 2011 » 1月アーカイブ

Vol.13 与謝野馨氏の死処

医療ガバナンス学会 (2011年1月19日 06:00)


亀田総合病院 副院長 小松秀樹
2011年1月19日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.13 与謝野馨氏の死処

Vol.12 慢性疲労症候群の患者の献血に対するFDAの勧告

医療ガバナンス学会 (2011年1月18日 06:00)


「慢性疲労症候群をともに考える会」代表
篠原三恵子
2011年1月18日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.12 慢性疲労症候群の患者の献血に対するFDAの勧告

Vol.11 治験に参加できない患者こそ、新薬が使いたい

医療ガバナンス学会 (2011年1月17日 06:00)


新薬を使わせたい、と思う
墨東病院 内科医長
濱木珠恵
2011年1月17日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.11 治験に参加できない患者こそ、新薬が使いたい

Vol.10 臨床研究における混合診療の問題

医療ガバナンス学会 (2011年1月15日 06:00)


混合診療裁判原告がん患者
清郷伸人
2011年1月15日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.10 臨床研究における混合診療の問題

Vol.9 東大医科研「がんペプチドワクチン臨床試験」は人体実験か?

医療ガバナンス学会 (2011年1月14日 06:00)


鹿鳴荘病理研究所 広島大学名誉教授
難波紘二
2011年1月14日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.9 東大医科研「がんペプチドワクチン臨床試験」は人体実験か?

Vol.8 現場はなぜ、それでも新薬を使いたかったのか(下)

医療ガバナンス学会 (2011年1月13日 06:00)


JR東京総合病院 血液・腫瘍内科 主任医長
小林一彦
2011年1月13日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.8 現場はなぜ、それでも新薬を使いたかったのか(下)

Vol.7 現場はなぜ、それでも新薬を使いたかったのか(上)

医療ガバナンス学会 (2011年1月12日 06:00)


JR東京総合病院 血液・腫瘍内科 主任医長
小林一彦
2011年1月12日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.7 現場はなぜ、それでも新薬を使いたかったのか(上)

Vol.6 新薬に賭けたい、と思うまで

医療ガバナンス学会 (2011年1月11日 06:00)


嶋津恵美
小児難病 CAPS患者・家族の会
2011年1月11日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.6 新薬に賭けたい、と思うまで

Vol.5 耳触りのいい約束ほど当てにならない

医療ガバナンス学会 (2011年1月7日 06:00)


さいたま市立病院と民主党、これほど違う言葉の重さ

武蔵浦和メディカルセンター
ただともひろ胃腸科肛門科
多田 智裕

※このコラムはグローバルメディア日本ビジネスプレス(JBpress)に掲載されたものを転載したものです。

http://jbpress.ismedia.jp/

2011年1月7日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.5 耳触りのいい約束ほど当てにならない

Vol.4 ひとりの勤務医から日本医師会へ

医療ガバナンス学会 (2011年1月5日 06:00)


獨協医科大学神経内科 小鷹昌明
2011年1月5日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.4 ひとりの勤務医から日本医師会へ

お知らせ

 配信をご希望の方はこちらにメールをお願いします。

 MRICでは配信するメールマガジンへの医療に関わる記事の投稿を歓迎しております。
 投稿をご検討の方は「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

関連タグ

月別アーカイブ

▲ページトップへ