アーカイブ一覧

» 2010 » 9月アーカイブ

Vol. 300 院内感染対策:耐性菌患者の感染対策に要するコストに見合った診療報酬を

医療ガバナンス学会 (2010年9月20日 14:00)


院内感染対策:耐性菌患者の感染対策に要するコストに見合った診療報酬を

森兼啓太
山形大学医学部附属病院 検査部

2010年9月20日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol. 300 院内感染対策:耐性菌患者の感染対策に要するコストに見合った診療報酬を

Vol. 299 医療の法律処方箋―医薬品の適応外使用

医療ガバナンス学会 (2010年9月20日 06:00)


医療の法律処方箋―医薬品の適応外使用

井上清成(弁護士)

〔MMJ 2010年9月号
「医療のドラッグ・ラグ解消に向けた大きな第1歩 法律処方箋第40回」より転載〕

2010年9月20日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol. 299 医療の法律処方箋―医薬品の適応外使用

Vol. 298 『ボストン便り』(16回目) 「アメリカで生活するということ」

医療ガバナンス学会 (2010年9月19日 06:00)


『ボストン便り』(16回目)
「アメリカで生活するということ」

細田 満和子(ほそだ みわこ)
2010年9月19日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol. 298 『ボストン便り』(16回目) 「アメリカで生活するということ」

Vol. 297 院内感染対策は専門性、総合力、そしてビジョンの問題

医療ガバナンス学会 (2010年9月18日 06:00)


院内感染対策は専門性、総合力、そしてビジョンの問題

岩田健太郎
神戸大学医学部附属病院感染症内科
2010年9月18日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol. 297 院内感染対策は専門性、総合力、そしてビジョンの問題

Vol. 296 東京医科大学の第三者委員会(その2/2)

医療ガバナンス学会 (2010年9月17日 14:00)


東京医科大学の第三者委員会(その2/2)

弁護士・名城大学教授 郷原信郎
2010年9月17日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol. 296 東京医科大学の第三者委員会(その2/2)

Vol. 295 東京医科大学の第三者委員会(その1/2)

医療ガバナンス学会 (2010年9月17日 06:00)


東京医科大学の第三者委員会(その1/2)

弁護士・名城大学教授 郷原信郎
2010年9月17日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol. 295 東京医科大学の第三者委員会(その1/2)

Vol. 293 院内感染は犯罪捜査の対象ではない

医療ガバナンス学会 (2010年9月15日 06:00)


院内感染は犯罪捜査の対象ではない

井上清成(井上法律事務所、弁護士)
2010年9月15日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol. 293 院内感染は犯罪捜査の対象ではない

Vol. 292 厚労省はどこまで「Gメン」を強化すれば気が済むのか

医療ガバナンス学会 (2010年9月14日 06:00)


厚労省はどこまで「Gメン」を強化すれば気が済むのか

武蔵浦和メディカルセンター
ただともひろ胃腸科肛門科
多田 智裕

※このコラムはグローバルメディア日本ビジネスプレス(JBpress)に掲載されたものを転載したものです。

http://jbpress.ismedia.jp/

2010年9月14日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol. 292 厚労省はどこまで「Gメン」を強化すれば気が済むのか

Vol. 291 慢性疲労症候群の実態を描くドキュメンタリー

医療ガバナンス学会 (2010年9月13日 06:00)


「慢性疲労症候群(CFS)をともに考える会」共同代表
「制度の谷間のない障害者福祉の実現を求める実行委員会」共同代表
「内部障害・難病当事者ネットワーク”彩”」副代表
篠原 三恵子

2010年9月13日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol. 291 慢性疲労症候群の実態を描くドキュメンタリー

Vol. 290 多剤耐性菌感染症の集団発生(いわゆる、アウトブレイク)問題に関する全国医師連盟の見解

医療ガバナンス学会 (2010年9月12日 06:00)


全国医師連盟 代表 黒川衛
2010年9月12日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol. 290 多剤耐性菌感染症の集団発生(いわゆる、アウトブレイク)問題に関する全国医師連盟の見解

お知らせ

 配信をご希望の方はこちらにメールをお願いします。

 MRICでは配信するメールマガジンへの医療に関わる記事の投稿を歓迎しております。
 投稿をご検討の方は「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

関連タグ

月別アーカイブ

▲ページトップへ