アーカイブ一覧

» 周産期医療アーカイブ

Vol.008 周産期喪失~家族それぞれの悲しみ~

医療ガバナンス学会 (2015年1月12日 06:00)


神奈川県立こども医療センター
藤井弥生

 

2015年01月12日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.008 周産期喪失~家族それぞれの悲しみ~

Vol.002 母乳代用品のマーケティングに関する国際規準(WHOコード)違反について

医療ガバナンス学会 (2015年1月5日 06:00)


大阪市立十三市民病院 小児科 平林 円

2015年1月5日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.002 母乳代用品のマーケティングに関する国際規準(WHOコード)違反について

Vol.261 周産期医療の側面から

医療ガバナンス学会 (2014年11月17日 06:00)


神奈川県立こども医療センター
北園真希
2014年11月17日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.261 周産期医療の側面から

Vol. 338 “自然なお産”ブームに警鐘を。助産院・自宅分娩の問題点を広く考えて欲しい

医療ガバナンス学会 (2010年11月4日 06:00)


星野貴子
ブログ「助産院は安全?」管理者

2010年11月4日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol. 338 “自然なお産”ブームに警鐘を。助産院・自宅分娩の問題点を広く考えて欲しい

Vol. 317 患者が国を動かす

医療ガバナンス学会 (2010年10月7日 06:00)


患者が国を動かす
~HTLV-1対策特命チームの誕生、そして医療者がすべきこととは~

聖マリアンナ医科大学 難病治療研究センター
分子医科学研究部門 部門長 / 准教授
山野嘉久
2010年10月7日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol. 317 患者が国を動かす

Vol. 243 佐藤章 福島医大名誉教授を悼む

医療ガバナンス学会 (2010年7月22日 07:00)


東京大学医科学研究所 先端医療社会コミュニケーションシステム
上 昌広

※今回の記事は村上龍氏が主宰する Japan Mail MediaJMMで配信した文面を加筆修正しました。
2010年7月22日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol. 243 佐藤章 福島医大名誉教授を悼む

Vol. 227 周産期医療の崩壊をくい止める会の募金活動

医療ガバナンス学会 (2010年7月4日 07:00)


村重直子の眼2 周産期医療の崩壊をくい止める会の募金活動

対談 村重直子・松村有子
構成 ロハスメディア 川口恭
2010年7月4日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol. 227 周産期医療の崩壊をくい止める会の募金活動

Vol. 211「安心して産めない?!」川崎市議会に請願書を出しました

医療ガバナンス学会 (2010年6月16日 15:00)


「クローバーの会」應家洋子
2010年6月16日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol. 211「安心して産めない?!」川崎市議会に請願書を出しました

臨時 vol 418 「超低出生体重児の育児」

医療ガバナンス学会 (2009年12月30日 11:00)


私が必要なのは、心の専門家ではありません
鈴井直子
2009年12月30日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: 臨時 vol 418 「超低出生体重児の育児」

臨時 vol 319 現場からの医療改革推進協議会第4回シンポジウムから 5)

医療ガバナンス学会 (2009年11月3日 06:02)


現場からの医療改革推進協議会第4回シンポジウムから、セッションのご紹介です。
 *参加申し込み・受付は終了しております。
続きを読む: 臨時 vol 319 現場からの医療改革推進協議会第4回シンポジウムから 5)

お知らせ

 配信をご希望の方はこちらにメールをお願いします。

 MRICでは配信するメールマガジンへの医療に関わる記事の投稿を歓迎しております。
 投稿をご検討の方は「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

関連タグ

月別アーカイブ

▲ページトップへ