最新記事一覧

Vol.133 医療界と厚労省は若手医師を解放せよ ~医学部地域枠から専門医制度まで、ここまでくるともはや人権侵害~

医療ガバナンス学会 (2019年8月1日 06:00)


つくば市 坂根Mクリニック
坂根みち子

2019年8月1日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.133 医療界と厚労省は若手医師を解放せよ ~医学部地域枠から専門医制度まで、ここまでくるともはや人権侵害~

Vol.132 私がいわきで診療をしているわけ ~女性泌尿器科医奮闘記~ その3 尿失禁の患者さん

医療ガバナンス学会 (2019年7月31日 06:00)


ときわ会 常磐病院 泌尿器科
小内友紀子

2019年7月31日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.132 私がいわきで診療をしているわけ ~女性泌尿器科医奮闘記~ その3 尿失禁の患者さん

Vol.131 お酒を飲むと「癌」や「認知症」のリスクが上がる? 英国で驚きの研究結果

医療ガバナンス学会 (2019年7月30日 06:00)


この原稿はAERA dot.(4月10日配信)からの転載です

https://dot.asahi.com/dot/2019040300030.html

ナビタスクリニック(立川・新宿)内科医
山本佳奈

2019年7月30日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.131 お酒を飲むと「癌」や「認知症」のリスクが上がる? 英国で驚きの研究結果

Vol.130 イスラーム教「ラマダーン」で「糖尿病」と「妊婦」への留意点

医療ガバナンス学会 (2019年7月29日 06:00)


この原稿は新潮社Foresight(6月1日配信)からの転載です。
https://www.fsight.jp/articles/-/45560?fbclid=IwAR3v10bb1ldAD0jxbTuVQEwLnAiDdkZVEr11UtA6hDJivHUncENxAdsk9pU編集 日時を編集

相馬中央病院
森田知宏

2019年7月29日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.130 イスラーム教「ラマダーン」で「糖尿病」と「妊婦」への留意点

Vol.129 チェコで学ぶ医学生が危惧する、日本の医学界が「鎖国」へ向かう未来

医療ガバナンス学会 (2019年7月26日 06:00)


チェコ共和国・国立パラツキー大学医学部生
坂本遙

2019年7月26日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.129 チェコで学ぶ医学生が危惧する、日本の医学界が「鎖国」へ向かう未来

Vol.128 佐野クリケットチャレンジと多文化共生

医療ガバナンス学会 (2019年7月23日 06:00)


佐野厚生総合病院乳腺外科
和田真弘

2019年7月23日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.128 佐野クリケットチャレンジと多文化共生

Vol.127 行政手続における弁護士の関与

医療ガバナンス学会 (2019年7月22日 06:00)


この原稿は月刊集中7月末日発売予定号からの転載です。

井上法律事務所 弁護士
井上清成

2019年7月22日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.127 行政手続における弁護士の関与

Vol.126 マネーデータベースと(独)神奈川県立病院機構

医療ガバナンス学会 (2019年7月19日 06:00)


神奈川県議会議員
小川くに子

2019年7月19日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.126 マネーデータベースと(独)神奈川県立病院機構

Vol.125 子どもの食事の塩分、どのくらいならOK?

医療ガバナンス学会 (2019年7月18日 06:00)


この原稿はAERA dot.(3月6日配信)からの転載です

https://dot.asahi.com/dot/2019030500008.html?page=1

小児睡眠コンサルタント。Child Health Laboratory代表
森田麻里子

2019年7月18日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.125 子どもの食事の塩分、どのくらいならOK?

Vol.124 性犯罪被害者でなくとも、アフターピルが必要な人は沢山居ます〜産婦人科の現場から

医療ガバナンス学会 (2019年7月17日 06:00)


産婦人科看護師
相馬花(仮名)

2019年7月17日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.124 性犯罪被害者でなくとも、アフターピルが必要な人は沢山居ます〜産婦人科の現場から
MRIC Global

お知らせ

 配信をご希望の方はこちらにメールをお願いします。

 MRICでは配信するメールマガジンへの医療に関わる記事の投稿を歓迎しております。
 投稿をご検討の方は「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

関連タグ

月別アーカイブ

▲ページトップへ