アーカイブ一覧

» 尾崎章彦アーカイブ

Vol.24116 東大医学部アメフト部「情報系のつどい」

医療ガバナンス学会 (2024年6月17日 09:00)


この原稿は2024年5月29日に医療タイムスに掲載された文章を加筆修正したものです

公益財団法人ときわ会常磐病院
乳腺甲状腺センター長・臨床研修センター長
尾崎章彦

2024年6月17日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.24116 東大医学部アメフト部「情報系のつどい」

Vol.24113 製薬マネーデータベースの歩みとこれから(薬のおカネを議論しよう第107回)

医療ガバナンス学会 (2024年6月12日 09:00)


この記事は医薬経済2024年2月15日号に掲載された記事を改変したものです

医療ガバナンス研究所医師
尾崎章彦

2024年6月12日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.24113 製薬マネーデータベースの歩みとこれから(薬のおカネを議論しよう第107回)

Vol.24109 乳腺甲状腺センター設立

医療ガバナンス学会 (2024年6月6日 09:00)


この原稿は2024年4月24日に医療タイムスに掲載された文章を加筆修正したものです

公益財団法人ときわ会常磐病院
乳腺甲状腺センター長・臨床研修センター長
尾崎章彦

2024年6月6日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.24109 乳腺甲状腺センター設立

Vol.24104 はじめての研修医の卒業を迎えて

医療ガバナンス学会 (2024年5月30日 09:00)


この原稿は2024年3月27日に医療タイムスに掲載された文章を加筆修正したものです

公益財団法人ときわ会常磐病院
乳腺甲状腺外科・臨床研修センター長
尾崎章彦

2024年5月30日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.24104 はじめての研修医の卒業を迎えて

Vol.24046 急性期から移行した能登地震 重要さを増す中長期の復興サポート

医療ガバナンス学会 (2024年3月11日 09:00)


本稿は、3月8日に医療タイムスに掲載された記事を転載したものです。

公益財団法人ときわ会常磐病院
尾崎章彦

2024年3月11日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.24046 急性期から移行した能登地震 重要さを増す中長期の復興サポート

Vol.24044 内科医不足と外科医が生き残る道

医療ガバナンス学会 (2024年3月7日 09:00)


本稿は、2024年2月28日に医療タイムスに掲載された記事を転載したものです。

公益財団法人ときわ会常磐病院
乳腺甲状腺外科・臨床研修センター長
尾崎章彦

2024年3月7日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.24044 内科医不足と外科医が生き残る道

Vol.24038 「よい社会人たれ」、研究活動による人材育成

医療ガバナンス学会 (2024年2月27日 09:00)


この記事は2024年1月25日に医療タイムスに掲載された記事を転載したものです。

公益財団法人ときわ会常磐病院
乳腺甲状腺外科・臨床研修センター長
尾崎章彦

2024年2月27日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.24038 「よい社会人たれ」、研究活動による人材育成

Vol.24034 奨学寄附金廃止とその他の助成金の特徴とは?

医療ガバナンス学会 (2024年2月20日 09:00)


この記事は、2024年1月15日に医薬経済で発表された記事を改変したものです。

公益財団法人ときわ会常磐病院・医療ガバナンス研究所
尾崎章彦

2024年2月20日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.24034 奨学寄附金廃止とその他の助成金の特徴とは?

Vol.24021 サンアントニオ乳がんシンポジウム参加で感じた新療法の「光と影」

医療ガバナンス学会 (2024年1月31日 09:00)


この記事は、医薬経済2023年12月15日号に発表された記事を加筆修正したものです。

医療ガバナンス研究所医師
尾崎章彦

2024年1月31日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.24021 サンアントニオ乳がんシンポジウム参加で感じた新療法の「光と影」

Vol.24011 中国蘭州訪問記

医療ガバナンス学会 (2024年1月17日 09:00)


この記事は、医薬経済2023年11月15日号に掲載された記事を加筆転載したものです。

医療ガバナンス研究所 医師
尾崎章彦

2024年1月17日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.24011 中国蘭州訪問記
MRIC Global

お知らせ

 配信をご希望の方はこちらのフォームに必要事項を記入して登録してください。

 MRICでは配信するメールマガジンへの医療に関わる記事の投稿を歓迎しております。
 投稿をご検討の方は「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

関連タグ

月別アーカイブ

▲ページトップへ