アーカイブ一覧

» 平岡諦アーカイブ

Vol.625 「医療事故調査」を含む自浄システムを持つのが、あるべき日本医師会の姿

医療ガバナンス学会 (2012年10月25日 06:00)


健保連 大阪中央病院
顧問 平岡 諦
2012年10月25日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.625 「医療事故調査」を含む自浄システムを持つのが、あるべき日本医師会の姿

Vol.525 「医の倫理」と弁護士に関する論考

医療ガバナンス学会 (2012年6月20日 06:00)


健保連 大阪中央病院
顧問 平岡 諦
2012年6月20日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.525 「医の倫理」と弁護士に関する論考

Vol.497 日本医師会は「医の倫理」を法律家(弁護士)に任せてはいけない(その2/2)

医療ガバナンス学会 (2012年5月24日 16:00)


健保連 大阪中央病院
顧問 平岡 諦
2012年5月24日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.497 日本医師会は「医の倫理」を法律家(弁護士)に任せてはいけない(その2/2)

Vol.496 日本医師会は「医の倫理」を法律家(弁護士)に任せてはいけない(その1/2)

医療ガバナンス学会 (2012年5月24日 06:00)


健保連 大阪中央病院
顧問 平岡 諦
2012年5月24日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.496 日本医師会は「医の倫理」を法律家(弁護士)に任せてはいけない(その1/2)

Vol.451 日本医師会は「医師の職業倫理」の抜本改正を

医療ガバナンス学会 (2012年4月2日 06:00)


~患者の権利を「尊重するだけの医療」から「最優先する医療」へ

健保連 大阪中央病院
顧問 平岡 諦
2012年4月2日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.451 日本医師会は「医師の職業倫理」の抜本改正を

Vol.336 医療倫理から見た、日本医師会とTPP問題

医療ガバナンス学会 (2011年12月9日 06:00)


健保連 大阪中央病院
顧問 平岡 諦
2011年12月9日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.336 医療倫理から見た、日本医師会とTPP問題

Vol.118 長期化により人権問題・国際問題となってきた福島原発事故

医療ガバナンス学会 (2011年4月12日 15:00)


健保連 大阪中央病院
顧問 平岡 諦

2011年4月12日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.118 長期化により人権問題・国際問題となってきた福島原発事故

Vol.41 医療倫理から見た「病​腎(修復腎)移植」問​題;日本移植学会の本​末転倒

医療ガバナンス学会 (2011年2月19日 06:00)


健保連 大阪中央病院 顧問
平岡 諦
2011年2月19日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.41 医療倫理から見た「病​腎(修復腎)移植」問​題;日本移植学会の本​末転倒

Vol.27 医療倫理から見た、日本医師会長と日本医学会会長の「ことばの裏」:

医療ガバナンス学会 (2011年2月4日 06:00)


健保連 大阪中央病院 顧問 平岡 諦
2011年2月4日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol.27 医療倫理から見た、日本医師会長と日本医学会会長の「ことばの裏」:

Vol. 368 ヒポクラテスが「誓い」を必要とした理由と日本の医療界の現状(その2/2)

医療ガバナンス学会 (2010年12月2日 06:00)


健保連 大阪中央病院 顧問 平岡 諦

2010年12月2日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

続きを読む: Vol. 368 ヒポクラテスが「誓い」を必要とした理由と日本の医療界の現状(その2/2)
MRIC Global

お知らせ

 配信をご希望の方はこちらにメールをお願いします。

 MRICでは配信するメールマガジンへの医療に関わる記事の投稿を歓迎しております。
 投稿をご検討の方は「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

関連タグ

月別アーカイブ

▲ページトップへ